図書館員が選んだレファレンスツール2015

参考図書の部   update:2015/11/16

16位   莠コ迚ゥ繝ャ繝輔ぃ繝ャ繝ウ繧ケ莠句ク (譌・螟悶い繧ス繧キ繧ィ繝シ繝   10ノシ
  • 、ノ、ホソヘハェサ気鮓C譴个茲いC「錣C訶世ネ慷/font>(公共図書館)
  • マイナーな人物でも載っているため、次の調査に繋げやすい。(公共図書館)
  • 時代別、分野別にまとめているため、断片的な情報からでもアクセスできる。また三次資料でありながら人物情報を簡易に掲載しているので、クイックレファレンスの回答にも使える。(公共図書館)
  • 人物の調査の際にはまず頼りにするツール。(大学図書館)
  • 人物掲載量が豊富である点。(公共図書館)
  • 大学の特色上、明治期〜昭和初期に存命していた人物の調査を依頼されることがあるが、ほかの事典類にどのような見出しで載っているか一目でわかるので、調査開始時に活用している。(大学図書館)
  • 著名人の生年月日を調査するのに使用。(大学図書館)
  • 調査時間の短縮につながるため。(大学図書館)