図書館員が選んだレファレンスツール2015

インターネット情報源・DBの部   update:2015/11/16

14位   譌・譛ャ蜿、蜈ク邀咲キ丞粋逶ョ骭イ繝繝シ繧ソ繝吶シ繧ケ (蝗ス譁蜒ヲ遐皮ゥカ雉譁咎、ィ)   16票
  • OPAC未登録古典籍資料が、依然多数存在しているので、それらを探す際に必須である。(大学図書館)
  • 貴重書の類は各図書館OPACで所蔵の公開をしていないことが多く、そういったものが調査対象の場合は必須となる。(大学図書館)
  • 古典籍において信頼のおけるDBのため。(大学図書館)
  • 古典籍の検索に重宝する。読みがわからない史料も検索できる点が図書と違い便利。『図書総目録』『古典籍総合目録』を横断検索できる。(公共図書館)
  • 古典籍の所在確認に必要な資料を一括検索できる(公共図書館)
  • 古典籍の所蔵や翻刻資料を調べる際に便利。(公共図書館)
  • 古典籍の書誌情報を調べる際に役立つため。(公共図書館)
  • 古典籍はOPACにも登録されていないことがまだまだ多く、とりあえずの所蔵館が分かるのが便利。(大学図書館)
  • 古典籍を閲覧したいという利用者に対し、所蔵館までわかるのが便利です。無料で利用できる。(公共図書館)
  • 古典籍資料が活字化されているかを調べるのに利用しています。(公共図書館)
  • 他館が所蔵している古典籍資料について調査する際や、自館での所蔵の有無を確認するのに有効であるから。(大学図書館)
  • 読み方が分からない古典籍でも、パソコンならばIMEパッド入力ができるため、調べやすい。(公共図書館)
  • 日本の古典籍について検索できる。(公共図書館)
  • 文献の所在調査には外すことができない必須データベース。(大学図書館)
  • 和古書の整理を担当しているのでよく使う。古文書や古典の質問を一般利用者から受けた時に、古典籍の所蔵館を案内すると、「知らなかった」と感謝されることが多い。(公共図書館)