図書館員が選んだレファレンスツール2015

参考図書の部   update:2015/11/16

1位   蝗ス蜿イ螟ァ霎槫ク (蜷牙キ晏シ俶枚鬢ィ)   57票
  • ○日本史関連では必須の辞典。参考文献が載っていてよい。代替できるものがない。○日本史の事柄の基礎的な情報が豊富。参考文献も便利。○定番。○特定のキーワードから詳細を確認できる。(大学図書館)
  • なんだかんだと、歴史系では最初に当たるツール。普通すぎてコメントが思い浮かばないレベル。(公共図書館)
  • レファレンスの際に記載されていた参考文献がとても役に立った。日本史全てを網羅していて、既説的で案内しやすい。(大学図書館)
  • 一次資料が明記されているので、図書館スタッフとしては、一次資料の案内もでき、利用者も一時資料にあたりうるので、充実した調査ができる。(公共図書館)
  • 解説に適度なボリュームがあり、多くの手がかりや情報が得られる(公共図書館)
  • 各項目で参考文献が載っており便利。(公共図書館)
  • 見出し語「記録」にある記録目録、記録年表は、日記名・記述年(和暦・西暦)になっていて便利。(大学図書館)
  • 項目ごとの説明が詳しい。また、参考文献も掲載されている。(公共図書館)
  • 細かな歴史の事柄まで調べられ、参考文献の提示もあり多用しています。(公共図書館)
  • 索引が充実。レファレンスの大小問わず重宝。日本史に関わることなら降籍項目も含め、図版も豊富に掲載され、参考文献も項目ごとにある点が便利。(公共図書館)
  • 索引が充実していて探しやすい。情報量が多く、日本史のレファレンスを受けたときに便利。(公共図書館)
  • 詳細な解説。また、内容別の索引が使いやすい。明記された参考文献情報は次に探す資料の手がかりとしている。(公共図書館)
  • 人名事典(日本)としても使える。巻末の付録も便利(公共図書館)
  • 図版・表・系図が豊富で、かつ参考文献がついている大規模な日本史辞典。(公共図書館)
  • 地域館でもこれさえあれば。心のよりどころ。(公共図書館)
  • 定番のため(公共図書館)
  • 電子版もありますが、冊子での利用も根強い。(大学図書館)
  • 電子版もありますが、冊子での利用も多い。(大学図書館)
  • 内容の信頼性と日本の歴史について、事項から人名、地名まで調べられる。(大学図書館)
  • 日本の歴史に関することならまずこれを利用します。Web版もありますが、図版などが収録されていないこともあるので、冊子が好きです。(大学図書館)
  • 日本史の領域のみならず、人類学、民俗学、国文学などの隣接諸分野を含んでおり、また多くの項目に参考文献が含まれているため、歴史的な事項全般の初動調査に役立つ。(公共図書館)
  • 日本史は専門用語が多いので正確を期するためには、ほぼ必ず使う。(公共図書館)
  • 日本史関係といえばこれ。(公共図書館)
  • 日本史関連であれば、事項・人物ともに非常に頼りになる。参考文献がしっかり掲載されているのもありがたい。(公共図書館)
  • 日本史関連の質問には、おおいに活用出来ます。(公共図書館)
  • 日本史関連の調べ物には必ず引く。(公共図書館)
  • 非常に多くの項目があることと、参考文献欄の記述が役に立つ。記述内容を参考に、次の関係資料に進むことができる。(公共図書館)
  • 百科事典・国語辞典としても使えるほど、内容が幅広く、情報量も豊富。図版があるのも役立つ。(公共図書館)
  • 用例がついており便利(企業・専門図書館)
  • 欲しい情報が得られる歴史辞典。(公共図書館)
  • 歴史(日本)に関することであれば、取り敢えずあたる必須ツール。(大学図書館)
  • 歴史だけでなく、百科事典としても使える(公共図書館)
  • 歴史に関するレファレンスで、まず基本情報を入手できる。(公共図書館)
  • 歴史に関する基本事項が確認できる。参考文献があがっているのも便利。(公共図書館)
  • 歴史に関する事柄が詳細に記載されており、専門的な知識を得ることが出来る。(大学図書館)
  • 歴史の簡単な質問はコレ1冊で解決でき、また参考文献が充実しているので、もっと深く知りたい利用者さんには先につなげることもできる。(公共図書館)
  • 歴史の基本的な情報を得る際に役立つため。(公共図書館)
  • 歴史の分野の問い合わせが多いので。(公共図書館)
  • 歴史を調べる基本ツール。誰か継続編纂して欲しい。(公共図書館)
  • 歴史関係のレファレンス時に使用。地名も人名も事項も豊富に掲載されているため。(大学図書館)
  • 歴史関係レファレンスの初手。人物や出来事など幅広い分野を調べる際に便利。また、思いがけない項目もあり、引くたびに新たな発見がある。(公共図書館)
  • 歴史関連のレファレンスについては、半分以上ことたりるし、それより「深い」 ものでも、とりかかりに必要。(公共図書館)
  • 歴史関連の事項を調べる際、項目が詳細かつわかりやすく載っている。(公共図書館)
  • 歴史事項の確認にまず使います。出典が記載されているので,更なる調査が可能です。(公共図書館)
  • 歴史上の事項の調査ではまずこれを見る。(公共図書館)
  • 歴史的な事柄を調べる際に基本となる辞典。調査の入口として活用している。(公共図書館)
  • 歴史的事項を調べる基本辞典だから(大学図書館)
  • 歴史的次項が詳しく載っており、参考文献も記されているので調査の際や利用者へ案内する時に便利。(公共図書館)