図書館員が選んだレファレンスツール2015

参考図書の部   update:2015/11/16

11位   邱丞粋逋セ遘台コ句ク 繝昴励ャD繝繧」繧「 (繝昴励ャD遉セ)   14票
  • Webサイトもありフォローアップしているのがすばらしい。(公共図書館)
  • 「○○について知りたい」というレファレンスのほとんどで、利用者の求める答えはこのレベル。(公共図書館)
  • 基本的なことを調べる際に役立つ。レファレンスのヒントを探すのに良い。(公共図書館)
  • 子どもから大人まで調べものに使いやすいから(わかりやすく書いてある)。(公共図書館)
  • 子どもの調べ学習対応に便利。「困った時はポプラディア」と子ども達に伝えています。(公共図書館)
  • 子ども関連のレファレンスの場合、百科事典を引こうとしたら(現状では)これしかありません。もっと色々な出版社から子ども用百科事典がでてくれるといいなと思います。(公共図書館)
  • 子ども向けだが、大人が見てもわかりやすいため、利用者から質問があった際は、最初にこれをお見せすることが多い、(公共図書館)
  • 児童向けのツールとして、ないと仕事にならない。コンスタントに改訂してくれるのもありがたい。本で調べる体験の入門なのかな、とも思う。(公共図書館)
  • 児童向けの百科事典であるために、児童が調べ学習に取り組む際のニーズに応えた編集内容。(公共図書館)
  • 児童書ですが、レファレンスの取っ掛かりに活躍します。(公共図書館)
  • 児童書として刊行されており、図や写真と多用しているので子どもにもわかりやすい(公共図書館)
  • 小学生からの問い合わせの際によく使用。同社から出版されているポプラディア情報館とリンクしている点が良いです。(公共図書館)
  • 様々な分野を網羅しており使いやすい。(公共図書館)