図書館員が選んだレファレンスツール2015

参考図書の部   update:2015/11/16

9位   蠎閭Z櫁拒 (蟯ゥ豕「譖ク蠎   15ノシ
  • 、ェオメ、オ、゛、ホ・・ユ・。・・垢鮗C韻榛檗△泙困海遼椶巴気靴討C蕁△気蕕忘拱ー修気擦討いC覆「蘢瓦戮襪海箸タ燭い里如△海遼椶鮨笋靴泙靴拭/font>(公共図書館)
  • この守備範囲と安心感は他では変えられません。困ったらまずこれから。(大学図書館)
  • 何と言っても言葉の意味を調べるなら(大学図書館)
  • 基本の資料。専門性の高い用語や新語は掲載がないのでその他の資料でカバーする必要があるが、ほとんどこの1冊で足りる。(大学図書館)
  • 基本的なことを調べる際に役立つ。レファレンスのヒントを探すのに良い。(公共図書館)
  • 言葉の意味について調べる第一歩となっている。(公共図書館)
  • 言葉の意味を知るもっとも基本的なツール。(大学図書館)
  • 言葉の意味合いを調べるには一番手軽です。(公共図書館)
  • 情報の詳細を調べる前、そもそもの意味を調べてレファレンスの方向を定めるのに必要。収録単語数が多い。(大学図書館)
  • 知っている言葉でも、再度その意味を確認し、調査前に方向性を確かめておく。(大学図書館)
  • 知りたい言葉の意味が載っています。(企業・専門図書館)
  • 定番、情報量が多い。(大学図書館)
  • 定番です。(大学図書館)