図書館員が選んだレファレンスツール2015

インターネット情報源・DBの部   update:2015/11/16

15位   螳伜焔礫?ア讀懃エ「繧オ繝シ繝薙せ (蝗ス遶句魂蛻キ螻   13ノシ
  • 、ウ、、ャ、ヌ、ュ、チー。「、、、ォ、ヒツソ、ッ、ホソヘ、ャ。ヨテオ、キ、゛、ケ。ラ、ネエアハ鯆瓦戮燭「澆弔韻蕕譴困砲△C蕕瓩撞△辰燭海箸@/font>(公共図書館)
  • キーワードから記載日時を探せる。これがないときは、あたりをつけて利用者に探してもらうしかなかった。(公共図書館)
  • キーワードと年代から官報掲載記事が検索できる。(公共図書館)
  • 過去の官報まで検索できるので、有効活用できる。(公共図書館)
  • 過去の告示内容を、年月日で検索できるこから便利である。(企業・専門図書館)
  • 官報(本紙・号外・政府調達広告版・資料版・目録)を検索・閲覧できる。(公共図書館)
  • 官報情報。検索も便利でアップデートも早め。(企業・専門図書館)
  • 原本の所蔵がなく、また紙媒体から探そうとすると途方もなく時間がかかるので、助かっています。(公共図書館)
  • 紙媒体のバックナンバーを所蔵しているので、そこにたどり着く一歩手前の検索手段として役立つ。(公共図書館)
  • 昭和22年5月3日以降の官報の内容検索ができる。(公共図書館)
  • 法令の改正を追っていくことができる。法令の改正の変遷は官報を辿っていくしかない場合が多いので便利。(公共図書館)
  • 法令の改廃,最新の法令を調べるときに使う。(公共図書館)