図書館員が選んだレファレンスツール2015

インターネット情報源・DBの部   update:2015/11/16

2位   CiNii Books (蝗ス遶区ュ蝣ア蟄ヲ遐皮ゥカ謇   59ノシ
  • CiNii Articles、ママタハクク。コ法チiNii Booksは大学図書館の所蔵資料を検索する際に必須。(公共図書館)
  • CiNii Booksは、NACSIS-CATに蓄積された全国の大学図書館が所蔵する本(図書や雑誌など)の幅広く検索することができてILLの際に役立つ。CiNii Articlesは、日本の学術論文情報を検索することができる基本ツールとして活用している(大学図書館)
  • ILL借受依頼が可能かどうかの確認で利用。所蔵大学図書館、その大学図書館での所在などが閲覧できる。(大学図書館)
  • スタッフ・利用者ともに非常に多く利用する。古い資料・国外の資料は範囲外なのでgoogle scholarやその他の有償データベースで代用する必要がある。(大学図書館)
  • 記事・」論文から収蔵館まで調べられるので便利。(大学図書館)
  • 記事・論文タイトルから調べるときに役立つ。(公共図書館)
  • 記事タイトル(キーワード)から学術論文情報を検索でき、自館を含め、所蔵大学、機関へのリンクも便利。(大学図書館)
  • 検索方法が手軽であること、OPACと連動していること等の関係で使用する機会が多い。(大学図書館)
  • 公共図書館には所蔵が無い場合の確認にしようしています。(公共図書館)
  • 国会図書館サーチとならんで、とりあえず何でも検索できる。(公共図書館)
  • 国内の大学図書館等で所蔵している図書・雑誌が検索できるため。(大学図書館)
  • 国内の文献を手早く調べるのに用いています。(企業・専門図書館)
  • 国内の文献調査、所在調査に使用します。(大学図書館)
  • 国内大学図書館の文献が探しやすく、紀要などがフリー公開されている。(大学図書館)
  • 資料の所在が探索しやすい。(大学図書館)
  • 自館OPACとの連携や、他の所蔵館もチェックできるため。(大学図書館)
  • 自館だけでなく他館の所蔵も確認しつつ、少ないキーワードでも検索が可能のため。Articlesとの切り替えが簡便なため。(大学図書館)
  • 自館で所蔵していない資料の所在を調べる際に役に立つ。また,特定の資料について,他大学の所蔵状況を確認することができる。(大学図書館)
  • 自宅からでも使えるデータベースとして初心者でも利用しやすい。(大学図書館)
  • 収録記事の一部はフルテキストで閲覧できる関連著者や関連刊行物から再検索できる記事一覧の出力や、Refworks・EndNoteに書き出しも出来る(大学図書館)
  • 所在情報の基本ツール(大学図書館)
  • 所蔵館と書誌の確認に絶対必要なツール。(大学図書館)
  • 所蔵機関OPACとの連携により効率的に検索できる。(大学図書館)
  • 書誌情報の確認や、自館に所蔵されていない資料の所蔵調査の際に利用しています。雑誌では資料名の変遷が分かりやすいため、書誌調査の際に有用です。(大学図書館)
  • 図書、雑誌の所在調査のもっとも基本的なツール。使い勝手もよい。(大学図書館)
  • 図書・雑誌の書誌情報を幅広く検索でき、所蔵館情報などもわかるので、利用者が他館利用(来館、貸借)する際の確認ツールとしても活用しています。また、各所蔵館の所蔵情報(請求記号)も一覧できるので、分類決定の際の参考としても使っています。(大学図書館)
  • 全国の大学の所蔵の確認だけでなく、WebcatPlusや国立国会図書館サーチにリンクがあり、便利であるから。(大学図書館)
  • 相互貸借に利用。探している図書をどこの図書館が持っているのか一度に検索できる。(公共図書館)
  • 足をむけては寝られません。必須。最も案内するツール。(大学図書館)
  • 他大学の所蔵を確認する際、頻繁に使用する。(大学図書館)
  • 他大学所蔵の図書や雑誌論文が検索できて、相互利用の際便利。(大学図書館)
  • 大学図書館の資料検索で利用しやすい。(公共図書館)
  • 大学図書館の所蔵の有無を調べるとき必ず使う。(公共図書館)
  • 大学図書館所蔵の本をよく聞かれるので使用回数が多い。(公共図書館)
  • 探している図書はたいていヒットするため。所蔵館情報が調べられるのも良い。(大学図書館)
  • 日本語の文献と本、他大学(特に県内の他大学)の所蔵を知るために。国会図書館サーチへのリンクがあるのも便利です。でも取り寄せは有料と忘れずに伝えます。(大学図書館)
  • 文字のちがいなどに気づく場合がある。(大学図書館)
  • 本学に所蔵していない資料を検索するのに必須です!(大学図書館)
  • 論文・図書・雑誌など学術情報を調べる際に役立っている。(公共図書館)
  • 論文のタイトル、書名、どちらでも検索をかけられ、フリーワードでも探せるため。(大学図書館)
  • 論文の情報、所蔵館を調べる為、利用している。(大学図書館)
  • 論文検索、大学図書館の所蔵検索には必須。使わない日はないです。(大学図書館)
  • 論文情報や資料の所蔵について確認する。特にILL業務で使用。(大学図書館)