図書館員が選んだレファレンスツール2015

インターネット情報源・DBの部   update:2015/11/16

17位   繝ェ繧オ繝シ繝√サ繝翫ン (蝗ス遶句嵜莨壼峙譖ク鬢ィ)   12票
  • DBとしていいのか分かりませんが、調べものに有用な情報源を広く調べられるのが便利。キーワード検索とカテゴリ検索の両方から調べられるのも有益。(大学図書館)
  • NDLサーチにも組み込まれているけれど、これ自体を使う。とくにいろんな辞典類の項目データが入っているのが良い。ここに項目が入っているツールを優先的に所蔵したいくらい。(公共図書館)
  • キーワードで検索する事により調べ方、本、語句の関連などを参照できる(大学図書館)
  • テーマごとになっており、何を調べれば求める情報が得られるのか、本の紹介をしている。(公共図書館)
  • 慣れない内容のレファレンスを受けた時、本当に頼りになる。目次情報の検索も便利である。(公共図書館)
  • 国立国会図書館職員が、調べ物に有用であると判断した図書館資料、ウェブサイト、各種データベース、関係機関情報などを特定のテーマ。資料別に紹介している。調べ方を調べる際に役立ち、調べ方案内のページは初見調査への参考になる。(公共図書館)
  • 情報が更新されているので、信頼できます。(大学図書館)
  • 入力したキーワードをもとにした分野ごとの派生図を見ることが出来るので、レファレンスの対応時に便利。(大学図書館)
  • 豊富な情報源から具体的なツール・レファレンス事例を参照できる。(大学図書館)
  • 本の内容から資料を探すことができる。また、「調べ方案内」があるため、知識のない分野のレファレンスを受けたとき、とても重宝する。(公共図書館)