図書館員が選んだレファレンスツール2015

インターネット情報源・DBの部   update:2015/11/16

24位   whoplus (譌・螟悶い繧ス繧キ繧ィ繝シ繝   6ノシ
  • キンヌスソヘ、ホホャホ篆擁ケテ気悗里箸辰CC蠅箸靴突ヒ僂靴討い泙后/font>(公共図書館)
  • 信頼できる人物情報を簡単に検索できるのが有難い。(公共図書館)
  • 人物を調べるためのレファレンスブックは数が多いため、まずはwhoplusで人物の概要や掲載資料を調べてから、図書での調査に入ることもある。 調査の取っ掛かりとして使うときに有効。(公共図書館)
  • 人物レファレンス事典、WHOなどの情報を横断的に検索できる。(公共図書館)
  • 人物情報を調べる際の入口として重宝している。人物関連文献もあわせて調べられ、便利。(大学図書館)
  • 文献情報、人物情報の調査で頼りになる。(公共図書館)