図書館員が選んだレファレンスツール2015

インターネット情報源・DBの部   update:2015/11/16

24位   Google (Google)   6票
  • Googleで論文検索をすれば機関リポジトリや学会誌の串刺し検索をできるので、オープン・アクセスにヒットできる。(大学図書館)
  • Sholar, Book, MAP, 翻訳もよく使います。Wikiも糸口にですが、よく使用します。(大学図書館)
  • 質問、情報の絞り込みの入口として有効(公共図書館)
  • 信頼のあるツールでの裏付け調査が必要な場合もありますが、調査の方向性を見定めるツールとしても、また、多くの情報を得られるツールとしても、まず検索をしてみるのには、便利だと思います。(大学図書館)
  • 問い合わせ事項について、たくさん知識、情報を得たい場合、両方使って、情報をかき集めます。個人のブログに探している貴重な情報があったことが複数回・・・。(大学図書館)