日外アソシエーツ
「PFI導入」「ボランティア団体のNPO法人化」など話題のテーマ満載!
図書館でこんにちは―本に出会い、人に出会える楽しい場所へ
 
著 者: 近江哲史〔著〕 図書館でこんにちは
定 価: 本体1,900円+税
刊行年月: 2007年12月
ISBN: 978-4-8169-2083-7
判型・頁数: 四六判・250頁
立ち読みボタン 目次 PDF 1183KB
はしがき PDF 1158KB
本文(抜粋) PDF 1161KB
次のサイトから注文できます。 紀伊國屋BookWeb Amazon.co.jp
内 容: 図書館の一利用者であった著者がボランティア活動に参加し、図書館協議会委員、公開読書会の運営、さらにNPO法人を作って運営受託準備へと歩んできた活動記録。市民の立場で図書館の運営にかかわり、新しい図書館像を摸索する中で、「図書館は宝の山なのだ」と気付く著者。図書館内外で人と本との関わりを楽しむために知っておきたい話題のテーマ満載の一冊。
目 次:
序 章
図書館で本に会う、人に会う
第一章
ボランティア活動に入る
第二章
図書館協議会委員として
第三章
「本を読もう・Nの会」発足
第四章
法人化して図書館業務受託準備
第五章
図図書館は宝の山よ
第六章
宝の山をもっと豊かに
著者紹介:
近江 哲史(おうみ・さとし)
1933年生まれ。京都大学法学部卒。1958年大日本印刷に入社。関連会社総務課長、CDC事業部年史課長、企画編集部長、年史センター室長、第1企画制作本部エディトリアル企画室本部長などを経て、1993年7月定年退職後は、定年後の生き方や自分史にも関心を広げる。のち日本企業文化研究所所長。現在は自営業(執筆・編集・企画・出版)
主要な著書
『社史のつくり方』(1975年、東洋経済新報社)
『わかりやすい社史と自分史のつくり方』(1994年、印刷時報社)
『独白 定年前後』(1994年、実業之日本社)
『『自分大学』に入ろう』(1998年、実務教育出版)
『図書館に行ってくるよ―シニア世代のライフワーク探し』(2003年、日外アソシエーツ)
『気楽に自分史―楽しく書こう、あなたの“歴史書” 』(2005年、日外アソシエーツ)
『図書館力をつけよう―憩いの場を拡げ、学びを深めるために』(平成17年、日外アソシエーツ)


↑先頭へ戻る
(c)日外アソシエーツ株式会社