団塊の世代が消える!

次世代へ仕事の「わざ」を伝える方法を伝授

ビジネス技術 わざの伝承
ビジネス技術 わざの伝承―ものづくりからマーケティングまで

柴田 亮介 著  四六判・260頁 定価(本体1,886円+税) ISBN978-4-8169-2045-5 2007年5月刊行

次のサイトから注文できます。 紀伊國屋BookWeb Amazon.co.jp
PDF 序にかえて/目次 PDF 1362KBPDF 本文(抜粋)PDF 1474KBPDF あとがき PDF 1171KB
「まなぶ」ことは「まねる」こと
目 次
第1章 対談―響きあう伝統芸能とマーケティング
園田榮治、柴田亮介

第2章 まなぶ、まねぶ―伝統芸能にみる知恵
電通の人材育成
仕事とマニュアル
形式知と暗黙知
伝統芸能に弟子教育を学ぶ
狂言の弟子養成
噺(はなし)家の弟子養成
伝統芸能に学ぶ教育、訓練
不易流行と守破離
「わざ」の口伝
『風姿花伝』は、暗黙知伝承虎の巻
風姿花伝の構成と概要
演出とプレゼンテーション
芸能と技

第3章 まなぶ、きわめる―ものづくりからマーケティングまで
電通のDNA
ものづくり業の場合
不二越の技術伝承は、早めにやってきた
三菱重工・高砂製作所と技能五輪
松下「ものづくり大学校」
シャープのモノづくり塾
マーケティングプランニングの場合
マーケティングとは
SEE-PLAN-DO
STEP1 売り場に行く
STEP2 既存情報の収集―新聞雑誌記事と広告
STEP3 調査(マーケティングリサーチ)
STEP0(ゼロ) 普段の情報収集と思考
マーケティングの何を伝え残すのか
技術とは、やり方―技術移転・伝承という視点からみる

第4章 まなぶ、のこす―メソドロジーの開発
技術を他者に伝える
企画設計メソドロジーの必要
問題設定と解決方向を探る(構想計画)
問題の設定
問題解決目標の設定
問題解決のために具体的計画をたてる(課題計画)
マーケティングリサーチプランニング(Mrp)メソドロジー適用例
OMソーラーシステム住宅のマーケティング問題解決への適用例
メソドロジー開発は二十一世紀の重要テーマ

第5章 企画・設計メソドロジーの具体例
電通MAPシステム
システム開発方法論 PRIDE-ISEM
二つのメソドロジー事例の共通点を探る
マーケティングプランニング メソドロジー(Mrp)適用例
「富山のくすり」の活性化

跋 企画設計メソドロジーのこと 松平和也
参考図書
あとがき
ビジネスマン・会社経営者必読

■元電通マンである著者が、技術・技能や企画設計などの仕事術を次世代へどのように伝えるべきかを指南。

■能・歌舞伎・噺家など、日本の古典芸能の世界における名人芸の伝承方法にヒントを得、形式化しにくいノウハウや経験による勘・感覚を必要とする技術について、具体例を交えながら「わざ」の伝承方法を説く。

■団塊の世代が会社を去っていくいま、現役のビジネスマンから経営者まで必読の一冊

 

「コンサルタントや企画の名人、達人は、人々が惹き付けられる魅力ある着想をして、問題設定をします。…この「わざ」は、暗黙知とでもいえるものでしょう。したがって、この「わざ」を他者に伝える、あるいは次世代に伝承することは、至難の業といわれています。…そこで著者は、コンサルティングや企画における「わざ」の伝承の秘密を、日本の古典芸能にヒントを求めました。…伝統芸能はどのようにして、名人の芸を伝承してきたのでしょうか。この切り口は、読者の興味を深くひきつけるでしょう。」

(本書より松平和也氏、「企画メソドロジーのこと」)

 

 

著者略歴


柴田亮介(しばた りょうすけ)

1943年東京都生まれ。1966年慶応義塾大学工学部管理工学科卒業、同年4月株式会社電通入社 マーケティング局調査部へ配属。
以降、研究開発部、マーケティングディレクター、情報センター部長、マーケティング企画部長を経て1992年マーケティング統括局 局次長、1998年電通リサーチ 専務取締役、2003年電通定年退社。現在はフリーのマーケティングプランナー。

著書: 
『電通情報センター―組織における戦略的情報活用』1993.3 電通
『情報システムと情報技術事典』共著 2003〜05年 培風館
『情報センターの時代―新しいビジネス支援』共著 2005.1 日外アソシエーツ 
                    

(c)日外アソシエーツ株式会社