よみかた辞書SHOP「点辞館」 点訳・朗読ボランティアのための辞書と朗読CD専門店
TOP 点辞館とは? SHOP Order 図書・雑誌INDEX News Column Link  ;
Last Updated : 2006.8.16


*ここに掲載された書籍・雑誌の通信販売は行っておりません。情報源は、日外アソシエーツの図書データベース BOOKPLUS と雑誌記事データベース MAGAZINEPLUS です。
新刊書籍情報最新雑誌記事情報はこちら
『特別支援学校と障害児教育の専門性―大阪市立盲学校「センター化」15年の挑戦』
越野和之;青木道忠編;今井理知子;大前俊夫;藤田幹彦著; (京都)クリエイツかもがわ;(京都)かもがわ出版〔発売〕 2006.8 ¥2,200(税別)
内 容 第1部 視覚障害教育のセンターをめざして(保育相談教室「こぐま教室」の実践から;通級指導・巡回指導の実践から);第2部 豊かな教育があってこそ(単一の視覚障害児の教育で育んできたもの;他の障害をあわせもった視覚障害児の教育で育んできたもの;豊かな外界とかかわる楽しさいっぱいの保育をめざして―障害のある子どもたちにも幼児期にふさわしい生活を ほか);第3部 特別支援教育と大阪市立盲学校の挑戦(センター化15年の取り組みから「特別支援学校」を考える;大阪市立盲学校の挑戦とセンター化の課題)
要 旨 保育相談教室、地域の学校への巡回・通級指導、多様で柔軟な入舎形態を追求する寄宿舎など、生徒数が増え続ける大阪市立盲学校のセンター化にむけた先駆的実践から、障害児教育の専門性とは何か、特別支援学校のあり方を提起する。
備 考 ISBN4-902244-59-4
『君に逢えて本当によかった―さあ、剛志、拍手を光に生きていこう』
掛屋孝志;掛屋しのぶ共著; 2006.8 ¥1,300(税別)
内 容 第1章 上手だったら拍手をください(さあ、剛志、出番だぞ!そう言いながら、ドキドキしてたのは、お父さんだったよ;飛行機の運転手さん、降ろしてください。こら、剛志、静かにせんか ほか);第2章 神さま、私が何をしたというのですか(仕事のライバル同士が、ある日、恋に落ちて…。うーん、ちょっとちがう感じ;赤ちゃんがおなかのなかに。栄養たっぷりつけて、胎教はモーツァルト ほか);第3章 みなさん、本当にありがとう(幼い子を両脇に、がんばった妻に、ありがとう;剛志の小学校入学。養護学校か、盲学校か、迷ったあげく… ほか);第4章 剛志への手紙(剛志、ごめんね、お母さんらしくなくて。でも、愛情は一杯よ;おばあちゃんはほめ上手。お母さんのこと、いつだってほめてくれた ほか)
要 旨 あなたは、自分の子供に拍手を送れますか。『24時間テレビ』('05年)で感動の嵐!知的・視覚障害を持つ、天才少年ミュージシャンと彼を支えた家族の奇跡のドキュメント。
備 考 ISBN4-537-25402-5
『特別支援教育における障害の理解』(講座 特別支援教育(2))
筑波大学特別支援教育研究センター;前川久男編; 教育出版 2006.8 ¥2,200(税別)
内 容 障害の理解の意義と方法;障害を理解するための生理学的基礎;視覚障害の理解;聴覚障害の理解;知的障害の理解;肢体不自由の理解;病弱の理解;言語障害の理解;自閉症・情緒障害の理解;重複障害の理解;LD・ADHD・高機能自閉症等の理解
備 考 ISBN4-316-80188-0
『はじめて学ぶガイドヘルプ―当事者とともに伝える支援の方法』
野村敬子編著; (岐阜)みらい 2006.5 ¥2,600(税別)
内 容 第1部 ガイドヘルプに必要な基礎知識(障害の意味;身体障害のある人と知的障害のある人の現状 ほか);第2部 視覚障害のある人のガイドヘルプ(視覚障害の理解;視覚障害のある人の日常生活 ほか);第3部 全身性障害のある人のガイドヘルプ(全身性障害の理解;頚髄損傷のある人の日常生活 ほか);第4部 知的障害のある人のガイドヘルプ(知的障害の理解;知的障害のある人の日常生活 ほか);第5部 緊急時の準備と心構え
要 旨 障害のある人と支援者が共同で執筆。豊富な写真とイラストを交えて解説。視覚障害・全身性障害・知的障害のある人の移動支援・介護に対応。知的障害のある人の行動援護対象者を支援するための視点と実践手法を紹介。
備 考 ISBN4-86015-075-9
『ロービジョンケアの実際―視覚障害者のQOL向上のために』第2版
高橋広編; 医学書院 2006.5 ¥3,800(税別)
内 容 第1章 視覚障害者とQOL;第2章 ロービジョンケアに必要な基礎知識;第3章 補助具の選択によるQOLと視機能の増強;第4章 視覚障害者のQOL向上のための訓練と援助;第5章 視覚障害者の日常生活援助;第6章 視覚障害者への年齢別対応;第7章 代表的な疾患とその対応;第8章 他の障害をもった人への対応;第9章 看護・介護で必要な援助とくふう
備 考 ISBN4-260-00216-3
『障害特性の理解と発達援助―教育・心理・福祉のためのエッセンス』第2版
昇地勝人;蘭香代子;長野恵子;吉川昌子編; (京都)ナカニシヤ出版 2006.5 ¥2,800(税別)
内 容 第1部 障害特性の理解と援助のパラダイム(障害の概念;世界の情勢と今後の課題―障害のある子どもの教育を支える考え方;障害の重積・深化の心理的プロセス ほか);第2部 障害特性の理解と指導法・援助(視覚障害;聴覚障害;知的障害 ほか);第3部 障害者への援助の展開(不登校;ハイリスク児;障害児の社会参加への支援機器 ほか)
備 考 ISBN4-7795-0051-6
『特別支援教育の基礎知識―障害児のアセスメントと支援、コーディネートのために』
橋本創一;霜田浩信;林安紀子;池田一成;小林巌編著; 明治図書出版 2006.5 ¥2,000(税別)
内 容 特別支援教育のシステムと課題;障害特性の理解と支援;視覚障害児の心理・行動特性と支援;聴覚障害児の心理・行動特性と支援;運動障害、重度・重複障害児の心理・行動特性と支援;言語障害児の心理・行動特性と支援;知的障害児の心理・行動特性と支援;自閉症児の心理・行動特性と支援;ダウン症児の心理・行動特性と支援;病弱・身体虚弱児の心理・行動特性と支援;LD・ADHDの心理・行動特性と支援;高機能自閉症・アスペルガー症候群の心理・行動特性と支援;乳幼児期の療育と障害児保育;障害児・者福祉のシステムとサービス;理解と支援のためのガイド
備 考 ISBN4-18-027916-9
『息を聴け―熊本盲学校アンサンブルの挑戦』
冨田篤著; 新潮社 2006.4 ¥1,300(税別)
内 容 第1章 吹奏楽との出会い;第2章 熊本県立盲学校;第3章 始まり;第4章 初舞台;第5章 ジャンヌ・ダルク;第6章 県大会;第7章 九州大会;第8章 全国大会
要 旨 「お前たちの武器は、その耳だ!」視覚障害を持つ八人の若者が全日本アンサンブルコンテストに挑戦した!楽譜はどうする?出だしの合図は?手探りで彼らを指導し、ともに涙を流した一人の打楽器奏者が綴る奇跡のドキュメント。
備 考 ISBN4-10-302451-8
『ブラインド(視覚障害者)の皆さん、外へ出てゴルフをしよう!』
半田晴久著; たちばな出版 2006.4 ¥1,300(税別)
内 容 第1章 ブラインドゴルフとの出会い(世界の女王が腕を競う;漆黒の闇と闘う ほか);第2章 世界女子プロとブラインドゴルファー(女子プロゴルフ界の事情;ジェーン・ブラロックとの出会い ほか);第3章 ブラインドゴルフは健常者と同じルール(ブラインドゴルファーは上達が早い;健常者より一枚も二枚も上手 ほか);第4章 春爛漫世界の華が大集合(スーパー・スウェー打法;ブラインドゴルファーの活躍 ほか)
要 旨 「日本のブラインドゴルフの父」といわれ、その発展に貢献してきた著者が、協会創生期から、世界盲人ゴルフ協会、全米女子シニアゴルフ協会とともに、「05年ワールドシニアゴルフレディースオープン選手権」を主催するに至るまでの道を綴った感動の一冊。
備 考 ISBN4-8133-1894-0
『目の不自由な方を誘導するガイドヘルプの基本―初心者からベテランまで』
村上琢磨;関田巖共著; 文光堂 2006.4 ¥3,000(税別)
内 容 1章 視覚障害者ガイドヘルプの基礎知識;2章 視覚障害と関連疾病の理解;3章 視覚障害の方の心理、感覚、コミュニケーション、事故など;4章 視覚障害者ガイドヘルパーとは;5章 視覚障害者ガイドヘルプの基本技術;6章 主要10場面でのガイドヘルプ;付録 視覚障害者ガイドヘルプ関連の制度とサービス
備 考 ISBN4-8306-4328-5
『幼稚園・保育所の先生のための障害児保育テキスト』
若井淳二;水野薫;酒井幸子著; 教育出版 2006.2 ¥1,900(税別)
内 容 障害の理解;障害児の保育の形態;障害幼児の受け入れ;家庭への子育て支援;関係機関、施設との連携;就学と特別支援教育;視覚障害児の保育の実際;聴覚障害児の保育の実際;肢体不自由児の保育の実際;知的障害児の保育の実際;言語障害児の保育の実際;広汎性発達障害(自閉症)、学習障害、注意欠陥/多動性障害とは
備 考 ISBN4-316-80178-3
『ユニバーサルクッキングのすすめ―お年寄りや障害のある人と一緒に作る』
野村敬子編;加藤鋭治著;中央法規出版 2006.2 ¥1,800(税別)
内 容 第1章 障害者も高齢者もやり方しだいで安楽においしく料理は作れる!!(視覚障害者の料理教室を開催して;料理に再び挑戦!;料理の前の予備知識);第2章 ヘルプガイドつき料理レシピと食材の扱い方(具材別ヘルプガイド;ヘルプガイドつき料理レシピと食材の扱い方;献立らくらくシートを作ってみよう)
備 考 ISBN4-8058-2661-4
『形態別介護技術』第3版(新版 介護福祉士養成講座(14))
福祉士養成講座編集委員会編;中央法規出版 2006.1 ¥2,200(税別)
内 容 序章 形態別介護技術を学ぶにあたって;第1章 高齢者の介護;第2章 視覚障害者の介護;第3章 聴覚・言語障害者の介護;第4章 肢体不自由(運動機能障害)者の介護;第5章 内部障害(内臓機能障害)者の介護;第6章 精神障害者の介護;第7章 知的障害者の介護;第8章 重複障害者の介護
備 考 ISBN4-8058-2711-4
 
最新雑誌記事情報新刊書籍情報はこちら
高齢者も視覚障害者も安心調理――すこやか食生活協会が食事グッズ集
誌 名 厚生福祉 (時事通信社) 5391 2006.7 p7
「わが子に」が製作の原点――てんやく絵本の岩田美津子さん 朝日社会福祉賞の栄誉に輝く
著 者 田中徹二
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 218 2006.7 p29〜36
アクセシブル・デザイン 企業や業界の取り組みは今(10)(社)日本包装技術協会(JPI)環境配慮の次は「人への配慮」市場に広がる「使いやすい包装・容器」
著 者 高嶋健夫
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 218 2006.7 p48〜52
特集 特別支援教育と盲学校の役割
著 者 木塚泰弘
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 218 2006.7 p1〜11
盲学校レポート 〔筑波大学〕附属盲「小学部における地域支援――夏のつどい・ウインタースクールの取り組みを中心に」
著 者 星祐子
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 218 2006.7 p37〜43
先達に学び業績を知る 加瀬三郎さん 折り紙外交と団体への貢献で、村谷昌弘福祉賞を受賞
著 者 武藤歌織
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 218 2006.7 p12〜21
皆が切磋琢磨する研究授業大会の夢
著 者 有本圭希
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 218 2006.7 p44〜47
ルポ 国立民族学博物館の「さわる文字 さわる世界」展報告――見えてきたユニバーサルなミュージアムの姿
著 者 小原二三夫
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 218 2006.7 p22〜28
視覚障害者向け情報提供システムの実証的評価
著 者 深澤紀子;水上直樹
誌 名 情報処理学会研究報告 (情報処理学会) 2006(67) 2006.6 p71〜78
視覚障害者の歩行事故に関する基礎調査
著 者 安部信行;橋本典久
誌 名 日本建築学会技術報告集 (AIJ journal of technology and design) (日本建築学会) 23 2006.6 p325〜329
「紙が話す」――視覚障害者の情報環境改善をめざして(特集 私の生活を支える情報機器(1))
著 者 能登谷和則
誌 名 リハビリテーション (鉄道身障者福祉協会) 484 2006.6 p10〜13
手と耳で楽しむ(9)モナ・リザの笑みを探る
著 者 長尾榮一
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 217 2006.6 p45〜49
先達に学び業績を知る 火中の栗を拾い続けて79年――毅然として難局を切り開いた直居鉄さん
著 者 岩上義則
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 217 2006.6 p21〜30
視覚障害者の人権と自立(13)障害者の中の勝ち組たちは今
著 者 和田光司
誌 名 人権21 (岡山人権問題研究所,岡山部落問題研究所) 182 2006.6 p26〜29
特集 座談会 障害者自立支援法で視覚障害者はどうなるのか
著 者 愼英弘;竹下義樹;田中徹二(他)
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 217 2006.6 p1〜20
施設レポート インターネットの活用で視覚障害者の生活・文化の向上と社会参加促進を目指す株式会社アメディア
著 者 堤由起子
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 217 2006.6 p38〜44
今を走る パラリンピック・トリノ大会 金・銀メダリスト小林深雪選手
著 者 武藤歌織
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 217 2006.6 p31〜37
点字,文字利用が困難な高齢中途視覚障害者のための理療教育課程における学習支援システムの開発並びに普及に関して
著 者 伊藤和幸;伊藤和之
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 106(57) 2006.5 p83〜87
視覚障害者及び盲聾者向けコミュニケーション端末DB4DBの提案
著 者 小林真
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 106(57) 2006.5 p17〜22
体表点字の学習効果と誤りパターンの分析
著 者 大墳聡;佐々木信之;熊澤明(他)
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 106(57) 2006.5 p89〜94
6軸力センサを用いた点字読み時の触圧測定の試み
著 者 渡辺哲也;大内進;金子健(他)
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 106(57) 2006.5 p33〜40
数式を含んだ文書の点訳システム
著 者 金堀利洋;内田智也;高村明良(他)
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 106(57) 2006.5 p23〜26
先達に学び業績を知る 数学を教え視覚障害者に新たな可能性と勇気をもたらした尾関育三さん
著 者 長岡英司
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 216 2006.5 p20〜29
アクセシブルデザイン 企業や業界の取り組みは今(9)TOTO 尊厳と自立を支える生活インフラ トイレ・浴室のバリアフリー化を先導
著 者 高嶋健夫
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 216 2006.5 p45〜49
視覚障害者スポーツNOW 視覚障害者マラソン
著 者 武藤歌織
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 216 2006.5 p37〜44
特集 2011年地上デジタル放送完全開始に向けて(その2)
著 者 岩井和彦;高田義久;下川雅也
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 216 2006.5 p1〜19
思いどおりに動いてもらうには――視覚障害者への指導経験から(May Special 特集 思ったとおり動けるか 意志と実際の距離を縮める)
著 者 古関美保子
誌 名 Sportsmedicine (ブックハウス・エイチディ) 18(4) 2006.5 p22〜24
盲学校レポート ブタの腎臓やニワトリの心臓などの解剖・触察
著 者 武井洋子
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 216 2006.5 p30〜36
視覚障害歩行シミュレーション体験が体験者の不安、恐怖心に与える影響――障害理解教育の視点から
著 者 小野聡子;徳田克己
誌 名 障害理解研究 (Understanding handicaps) (障害理解研究会) 8 2006.4 p37〜46
今を走る 敷かれたレールを進むより、歩いて行きたいmy way――京都ライトハウスの野々村好三さん
著 者 水谷昌史
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 215 2006.4 p24〜30
手と耳で楽しむ(8)丸の内さえずり館
著 者 長尾榮一
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 215 2006.4 p45〜49
視覚障害児の療育(特集 新生児の眼科疾患)
著 者 新井千賀子
誌 名 周産期医学 (東京医学社) 36(4) 2006.4 p493〜497
臨床報告 成人の心因性視覚障害――小児と比較した特異性
著 者 一色佳彦;木村徹;木村亘(他)
誌 名 臨床眼科 (医学書院) 60(4) 2006.4 p627〜634
施設レポート 北の大地に輝くユニークな点字図書館 北海点字図書館
著 者 松浦実希
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 215 2006.4 p39〜44
視覚障害者誘導標示「トアエスコート」
著 者 トウペ
誌 名 JETI (ジェティ) (ジェティ,幸書房) 54(4) 2006.4 p166〜168
視覚検診――小児科医に必要な眼科的到達目標(特集 小児疾患の早期発見とその対応――長期予後の向上をめざして――各論――健診・検査後の対応とその評価 乳幼児健診)
著 者 羅錦營
誌 名 小児科臨床 (Japanese journal of pediatrics) (日本小児医事出版社) 59(4) 2006.4 p731〜739
視覚障害者の人権と自立(12)ハートビル法はハートで運用を!
著 者 和田光司
誌 名 人権21 (岡山部落問題研究所,岡山人権問題研究所) 181 2006.4 p37〜40
特集 座談会 私の国際協力――アジアにおける今後のあり方を探る
著 者 青木陽子;田中徹二;山口和彦
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 215 2006.4 p1〜9
先達に学び業績を知る 戦後における視覚障害教育の牽引役を全うされた 大川原潔先生
著 者 香川邦生
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 215 2006.4 p10〜23
ルポ ドイツにおける視覚障害者の高等教育事情
著 者 小林真
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 215 2006.4 p31〜38
パソコン点訳講習会で工夫すべき点(ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム)
著 者 相川哲弥
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 105(684) 2006.3 p13〜18
触覚インタフェースによる好ましい階層提示条件(ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム)
著 者 半田拓也;坂井忠裕;近藤悟(他)
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 105(684) 2006.3 p65〜70
漢字の判別読みに関する一検討(ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム)
著 者 永井良美;藤沼輝好;鎌田一雄
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 105(681) 2006.3 p1〜6
デジタル放送のマルチモーダル情報提示環境の検討――視覚障害者へのアンケート調査をもとに(ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム)
著 者 坂井忠裕;近藤悟;半田拓也(他)
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 105(684) 2006.3 p59〜64
対面朗読者と視覚障害者の対話の分析(ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム)
著 者 西本卓也;小川佳奈子;渡辺隆行
誌 名 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report) (電子情報通信学会) 105(684) 2006.3 p7〜12
視覚障害幼児の視行動の発達について――2事例のビデオ分析による視距離調節に関する検討
著 者 柿澤敏文;猪平眞理
誌 名 弱視教育 (日本弱視教育研究会) 43(4) 2006.3 p27〜32
眼科トピックス 視覚障害児支援のための医療と教育の連携(第3報)セカンドオピニオンとしてのロービジョンケア
著 者 高橋広
誌 名 弱視教育 (日本弱視教育研究会) 43(4) 2006.3 p33〜36
視覚障害(特別支援教育における臨床発達心理学的アプローチ――発達障害への支援における発達的観点)
著 者 佐島毅
誌 名 別冊発達 (ミネルヴァ書房) 28 2006.3 p139〜147
特集 KGSアクセシビリティ・フォーラム最終回に参加して――サイトワールド・アクセシビリティ・フォーラムに向けて
著 者 土井幸輝
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 214 2006.3 p1〜9
静的および動的二点識別法による視覚障害者と晴眼者の手掌面触覚の比較
著 者 嶋脇聡;酒井直隆
誌 名 日本機械学会論文集 C編 (Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers) (日本機械学会,丸善) 72(715) 2006.3 p829〜834
スクリーンリーダの詳細読みによる漢字想起実験――成人を対象とした場合
著 者 渡辺哲也;渡辺文治;山口俊光(他)
誌 名 電子情報通信学会論文誌 D 情報・システム (The IEICE transactions on information and systems) (電子情報通信学会情報・システムソサイエティ) 89(3) 2006.3 p602〜605
研究発表4 上海図書館における視覚障害者に対するサービス(特集 第4回国際図書館学セミナー 研究発表等報告――日中両国のライブラリアンシップの相互理解と発展のために)
著 者 周徳明;夏紅衛
誌 名 図書館界 (The Library world) (日本図書館研究会) 57(6) 2006.3 p386〜388
盲学校レポート 松山盲「ITの活用と活用能力を高める指導」
著 者 大財誠
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 214 2006.3 p16〜22
視聴覚障害者のコミュニケーション支援(小特集 コミュニケーション支援)
著 者 長嶋祐二
誌 名 電子情報通信学会誌 (The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) (電子情報通信学会) 89(3) 2006.3 p231〜235
視覚障害者の美術鑑賞ガイド実践例から――絵画鑑賞における立体コピーの使用方法について
著 者 深山孝彰
誌 名 研究紀要 (Bulletin of Aichi Prefectural Museum of Art) (愛知県美術館) 12 2006.3 p65〜74
理療教育課程入所者の学習手段の実態について――墨字使用者を中心に
著 者 伊藤和之;佐島毅;香川邦生
誌 名 弱視教育 (日本弱視教育研究会) 43(4) 2006.3 p5〜11
視覚障害者の情報アクセスに関する研究と開発(2005)
著 者 長岡英司;篠原正美;渡辺哲也(他)
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 214 2006.3 p28〜50
今を走る ニューヨークのミュージシャン加納洋さん
著 者 田中徹二
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 214 2006.3 p10〜15
アクセシブル・デザイン 企業や業界の取り組みは今(8)東京メトロ 首都の大動脈、創意工夫でバリアフリー化を推進
著 者 高嶋健夫
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 214 2006.3 p23〜27
PDAを用いた視覚障害者のための施設案内システム
著 者 島川学;清田公保;平山エリ(他)
誌 名 情報処理学会研究報告 (情報処理学会) 2006(14) 2006.2 p145〜149
視覚障害者のためのカメラ映像内の文字情報読み上げシステム(第37回ヒューマンインタフェース学会研究会 モバイル&ユビキタスおよび一般)
著 者 清田公保;島川学;本田幸代(他)
誌 名 ヒュ-マンインタフェ-ス学会研究報告集 (Human Interface,Correspondences on human interface) (ヒュ-マンインタフェ-ス学会) 8(1) 2006.2 p7〜11
中国の視覚障害者とともに歩む――天津・青木学校の取り組み(特集 日中交流を歩む人たち)
著 者 楠井忠輝
誌 名 遠近 (国際交流基金,山川出版社) 9 2006.2 p32〜34
視覚障害者の人権と自立(11)人事考課制度(その2)
著 者 和田光司
誌 名 人権21 (岡山部落問題研究所,岡山人権問題研究所) 180 2006.2 p44〜47
特集 盲学校音楽科における現状と将来構想――筑波大学附属盲学校の場合
著 者 吉澤昌江
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 213 2006.2 p1〜10
視覚障害者スポーツNOW 視覚障害者スキー
著 者 武藤歌織
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 213 2006.2 p15〜21
施設レポート ベースは視覚障害――身体障害者入所授産施設福岡光明園
著 者 橋本京子
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 213 2006.2 p38〜44
今を走る マイペースで若者の就職相談や講演会をこなす国家公務員10年選手の福嶋義忠さん
著 者 松浦実希
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 213 2006.2 p22〜27
テレビ機能付き携帯電話を利用した視覚障害者への遠隔支援(福祉テレサポート)(特集 IT社会における情報バリアフリー――ITを使った取り組み)
著 者 雷坂浩之
誌 名 ノーマライゼーション (日本障害者リハビリテーション協会) 26(2) 2006.2 p16〜19
手と耳で楽しむ(7)朝倉彫塑館
著 者 長尾榮一
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 213 2006.2 p45〜49
先達に学び業績を知る 点字出版を足場に盲人福祉のフィールドを広げた井口淳さん
著 者 高橋秀治
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 213 2006.2 p28〜37
ITコラム 世界初! 視覚障害者のための国際情報機器&サービス展「Sight World:サイトワールド」
著 者 榑松武男
誌 名 視覚障害 (障害者団体定期刊行物協会) 213 2006.2 p11〜14

All Rights Reserved, Copyright(c) Nichigai Associates, Inc.